晴翔塾 多治見市学習塾

晴翔塾

GW中の授業に関して (20日目)

読了までの目安時間:約 2分

 

すでに生徒のみなさんには案内の用紙を配布していますが

 

晴翔塾はGW中も通常通り授業を行います。

 

 

 

 

とはいえ、通常の授業内容を行うのではありません。

 

1つはこれまでの授業の復習!!

 

数学と英語を中心にたっぷりと演習時間をとります。

 

 

 

 

2つめは学校ワークの活用法を身に付けてもらいます。

 

どちらかと言えばこちらがメインです☆

 

ただやって提出出来ればいいというやり方は卒業しましょう。

 

学校のワークは定期テストの勉強をするにあたって、最も効率の良いテキストです。

 

ワークを完璧に使いこなせば、得点は必ず上がります!!

 

さ~みんな、ワーク活用テクニックをこの機会に身に付けよう♪

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

中3の生徒が持っていた消しゴム。どんだけデカイんだよ!!!

 

IMG_0330

 

 

 

 

講師日記   コメント:0

反省・・・自習の改善 (19日目)

読了までの目安時間:約 3分

 

今日の中2の単元テスト・・・

 

全員不合格でした(涙)

 

 

 

 

 

これまで、とても好調だった教科なだけに

 

「???ほんとに???」

 

と目を疑ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

たしかに、生徒がよく苦手にする単元なので

 

「たぶん点数あまりとれないだろうな~」とは思っていたのですが、全員不合格とは!!!

 

 

 

 

 

 

原因を追究してみたところ

 

生徒の口から「宿題分からないところをそのままにしていた・・・」と

 

これまではちゃんと解決して来ていたのに、「どうしてだ?」と聞いたところ

 

「自習での課題が多くて手が回らなかった。」らしいです。

 

 

 

 

 

 

厳しい返し方をすれば、「時間を作ることは出来たはず!」

 

なんですが

 

たしかに学校の宿題、塾の宿題、自習の課題。

 

そこに今週はイレギュラーな模試の解き直しが入ってきて

 

生徒もスケジュールがくるってしまった様子。

 

 

 

 

 

そこに気付けなかったことは、反省しないとな。

 

さらに、授業中出来ていたとはいえ、演習量が足りないかなとも感じていたし。

 

 

 

 

 

ここ最近、与えることばかりに気がいって

 

やる側のスケジュールやモチベーションを若干ないがしろにしていたかもしれない。

 

今日気付けて良かった♪

 

もう一度授業内容、課題量、自習の運用の仕方を見直そう!!

 

講師日記   コメント:0

全国模試を振り返って (18日目)

読了までの目安時間:約 3分

 

週末に全国模試を実施しました。

 

模試の範囲は前学年のすべてから。

 

 

 

 

 

 

すでに採点は終わり、あとはデータを入力して送信するだけです。

 

 

 

 

 

ただ・・・

 

 

 

 

 

採点している最中に嫌な汗がたくさん出ました。

 

 

 

 

 

たしかに、模試のレベルとしては少し難しめなんだけど・・・

 

けどね・・・

 

 

 

 

 

これは早急になんらかの対処をしなければいけないということで

 

今日の授業のカリキュラムを少し変更して

 

模試の解説を行いました。

 

「あっそっか~」、「わかってたのに」

 

なんて言葉が要所要所で出てきたので、少し安心♪

 

 

 

 

 

 

とはいえ、全教科の解説をするには時間が足りないのと

 

個人差もあるので、自習での解き直しを義務付けしようと思います。

 

解き直しをしたらすぐに出来るようになる、なんてことはないけれども

 

自分のミスをした箇所、弱点知っておくことは必要だからね。

 

 

 

 

 

 

僕が解き直しの話をする前、模試が終わってすぐに

 

自ら「自習の時に解き直しをしよう」と言ってくれていたSAKとHOH!

 

感動ものだよ☆

 

講師日記   コメント:0

質の高い自習に (17日目)

読了までの目安時間:約 3分

 

自習専任の講師として新しく伊藤先生が加わりました☆

 

これでほぼ毎日自習を先生に見てもらうことが出来ます。

 

 

 

 

 

小テストの答え合わせもやってもらっているので、

 

僕も授業に専念でき、スムーズに進むし。

 

なにより、自習がより引き締まった形で行われるのでいいですね。

 

生徒への課題も出したい放題だし(笑)

 

質疑応答もすばやく対応できるので、みな濃密な時間が過ごせているんじゃないかな。

 

 

 

 

 

先に入ってくれた幸野先生は、もう生徒たちの心を掴んだようで

 

コミュニケーションもバッチリ取れてる♪

 

中1の女の子たちに大人気ですね。

 

指導するにあたって、生徒とのコミュニケーションは大切ですからね。

 

これがしっかりと出来ていれば、こちらの解説もすんなりと入っていくでしょうし。

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションをとるのに、僕の場合は最近マンガに頼ってるかな。

 

「リアル」や「ピンポン」を読んでほしくて、塾に置いておいたところ

 

みな読んでくれてる。

 

さらに「ピンポン」は深夜にアニメが放送され出したので、

 

みんな録画して見てくれている♪

 

まだ見ていない、そこのキミ!

 

「ピンポン」見ないと損するぞ(笑)

 

講師日記   コメント:0

英語の授業が変わる (16日目)

読了までの目安時間:約 3分

 

新聞やニュースでも報道されている通り

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて

 

英語教育改革が行われますね。

 

 

 

 

 

 

具体的にどうなるか、僕も調べてみたところ

 

小学3・4年生から外国語活動が始まり

 

小学5・6年生では週3コマの教科化(成績評価あり)が始まるようです。

 

当然それに合わせて、中学・高校で学ぶ英語は難しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

これまで小学校では英語に触れ、慣れることを目的としていましたが

 

「書く」、「読む」を高学年で取り入れ、少しでも文法に触れさせようということらしいです。

 

英語でつまづき嫌いになってしまうのは、文法が分からなくなることが一番の原因とされています。

 

だいたい中1の後半からですね。

 

その文法を時間を掛けてゆっくり扱うために今回の改革が実施されるようです。

 

 

 

 

 

 

この改革には僕としては納得できるし、賛成です。

 

2012年に学習指導要領が改訂され、中学の文法は難しいものが扱われてきています。

 

それをしっかり理解するためには時間が必要ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

また、英語科教員の指導力向上が必要なのですが

 

そのための指導研修もちゃんと対策としてあるようですし。

 

 

僕も自分のスキルアップの時間をしっかりと作れるように、効率良く動くことを考えないとな。

 

それでは♪

 

 

講師日記   コメント:0